オリジナルウェディングはプランナーに依頼

ウェディング

最近では型にはまった結婚式ではなくて、新郎新婦の好みを活かしたオリジナルウェディングが人気になっています。そして、そんな結婚式を挙げたい場合には、相談する対象としてウェディングプランナーを選ぶようにすると良いでしょう。

この仕事は、新郎新婦の希望に合わせて結婚式を演出するもので、結婚する2人の話を十分に聞いた上で、彼らの個性に適したやり方を提案することになります。オリジナルな結婚式を挙げたいと考えている場合は、相手がいくらプロであっても他の人に頼むことに抵抗があるかもしれませんが、ウェディングプランナーは自分1人でいろいろなことを決めるのではなく、結婚する2人と一緒にじっくりと考えた上で計画を立てるので、かえって結婚式をオリジナルな雰囲気のものにできる可能性が高いと言えます。

知らなきゃ損する結婚式情報ならこちらへ
https://www.wedding-not-lose.com/

また、この職業の人に依頼した場合は、新郎新婦だけでなく出席者のサポートも行うため、結婚式当日は多くの人の笑顔が見られることでしょう。そして、このような人がついていてくれれば、結婚式当日も新郎新婦は安心していられるはずです。以上のように、自分達らしい結婚式を挙げたい場合は、この職業の人に協力してもらうことをお勧めします。

ホテルからオリジナルまでドレスと髪型で選ぶウェディング

結婚リング

結婚披露宴を行う会場としては、ホテルや冠婚葬祭会館、ゲストハウスやレストランなどさまざまな場所がありますが、その会場と提携している業者のものを利用してもらうために、他社の商品やサービスを持ち込むとなると持ち込み料として費用が請求されることも多いものです。

持ち込み料の対象となるのは、引出物や引菓子、プチギフトやペーパーアイテムなど招待客に渡されるものから、挙式でのブーケやフラワーシャワー用の花びら、新郎新婦のドレスやタキシードなどの衣装などがあります。また、物だけでなく人にも料金がかかることがあり、髪型やメイクをしてもらう美容室のスタッフ、披露宴での司会進行係のスタッフ、カメラスタッフなどがあります。

一生に一度のウェディングで、持ち込み料というお金の問題でもめたくないものですが、もしもお気に入りの物が見つからずに外部のものを利用したいという場合、まずはそのウェディング会場の営業担当スタッフに相談してみるといいでしょう。全ては無理であっても、多少はおまけをしてもらえるかもしれません。

また、ゲストハウスやレストランでのオリジナルウェディングとなれば、制限されることも少ないので持ち込み料に悩まされることもありません。

ウェディングフォトはホテルとオリジナルではどう違うか

ウェディング

ウェディングはホテルで行うのとオリジナルで行うのではイメージが異なってきます。ホテルは豪華で厳粛で品のある感じになりますが、オリジナルの場合はアットホームで個性的な印象にもなるものです。

また、結婚式当日は教会式で式を挙げたいというような人も、和装を残しておきたいというような人であれば前撮りで和装を残しておくと良いです。そうしたウェディングフォトにこだわりたい人にとっても、ホテルとオリジナルではどう違うかということは知っておくと良いでしょう。ホテルの場合はホテルの豪華な階段やエントランスを使っての撮影もできるので、プリンセス気分を味わうこともできるでしょう。逆に自分で決めるウェディングは少しユニークなものやカジュアルにした写真にすることもできるものです。

どういったウェディングを理想としているかによっても残しておきたい写真のイメージというのは違うので、色々なシチュエーションを比較しながら選んでいくと良いです。また、一般的にホテルの場合は宿泊客もいるので、何でも自由にできないということもあるので、式をする時も色々制限が出てくる場合があるということを覚えておくと良いでしょう。デメリット、メリットを知っておきましょう。